富岡鉄斎

春の嵐。こんな日は、美術館に行くに限る
日本最後の文人、富岡鉄斎。平日で嵐の日は、すいていて、三時間もゆっくり堪能。
DSC_0224.JPG
2016年04月07日 21:40    |   店主ブログ

4月の限定珈琲

4月の限定珈琲
「ビフィア・ヒルズ農協」650円
マラウィ共和国
タンザニアの南に位置するマラウィ共和国。水洗処理されたクリーンな質感と非常にしっかりとしたボディ。
生産国:マラウィ
生産地域:北部州ランピ県
生産者:ビフィア・ヒルズ農協
品種:ゲイシャ、Sアガロ、カチモール、ムンドノーボ
生産高度:1500〜1900m
精製方法:水洗式
スクリーン:18UP
DSC_0216.JPG
2016年04月06日 13:29    |   店主ブログ

大徳寺 聚光院

創建450年記念大徳寺
聚光院特別公開。
生きている間に観れて良かったと心から思った。
時間へのリスペクトとは、こんなにも壮大なのか?と打ちのめされる。
狩野永徳・松栄筆 本堂障壁画。千住博画伯筆「滝」
美術館ではなく、あるべき場所におさまっている必然性を感じる。
好みからいうと松栄筆「竹虎遊猿図」の優しい筆致に惹かれる。
千利休が永徳の図案を見て「百積の庭」を作ったという説も頷けた。
「閑隠席」「枡床席」の茶室。
―無常観―という言葉を
心の奥に無理やり落とし込み家路に着いた。
DSC_0196.JPG
2016年03月28日 20:51    |   店主ブログ

青蓮院 青龍殿

いまや、京都の新名所!
将軍塚 青龍殿まさに「天空の茶室」
吉岡徳仁 ガラスの茶室ー光庵。
桓武天皇が遷都を決めた場所に立つ青龍殿の由緒とこの環境に光庵の展示を決めたという。
太陽の光とプリズムによって七色の虹が現れ、光の花になる。
茶室は別として、ここに立つと、天下人になったような気がする(笑)
DSC_0089.JPG
2016年02月24日 18:39    |   店主ブログ

年末年始の営業

◆年末年始の営業
12月30日(水)営業19:00迄
12月31日(木) 休み
1月1日(金) 休み
1月2日(土)営業19:00迄
2015年12月30日 14:25    |   店主ブログ

走ることについて…

村上春樹氏の「走ることについて語るときに僕の語ること」の様に私も語ってみた。
◆走ることについて語るときに…
走ること。
なぜ、走るのか?
最近、私の心と身体に密かにしのびこみ増殖しつつあるものを、
私は打ち消す為に走っている。それは、優しく甘くゆらゆらといつの間にか、入り込んできて、どうにもならない位になってきた。
苦しい…辛い…。
こんな事では、いけないと自分を鼓舞するが、相手もなかなか手強い!
それは、時にボルドー色だったり、琥珀色だったり、牛に化けたり、豚に化けたりする、甘い甘いかおりのチョコにだって変身する。
クリスマスだ。お正月だ。といって、私を誘惑する。
だから、私は走る。
いや、走らなければいけない!それと、離れる為に…
その名前は、〇〇だ。
2015年12月25日 12:01    |   店主ブログ

夜カフェ

こんにちはー(^^)/
6月から【夜カフェ】がスタートします♪
◆月・火・水・金・土
11:30〜22:00
◆日・(祝)
11:30〜19:00
◆木曜日 お休み
ワインとサンドイッチのセットやおつまみもあります。カフェインレスコーヒーもあります。
夜のまるもをお楽しみください。
2015年06月03日 19:56    |   店主ブログ

加賀宝生

まるも特派員007さんからの金沢土産で、「諸江屋の生落雁」。
生らくがんデビュー♪落雁のイメージを払拭させる塩味のきいた美味しさ。
今のところ、私の今年の手土産暫定No.1。
生らくがんの間に羊羮を挟み、白と黒をくっきりと対比させたシンプルな意匠は、能楽の凛とした佇まいを偲ばせます。
2015年05月22日 12:03    |   店主ブログ

3月のお休み

3月12日(木)
3月19日(木)
がお休みです。
よろしくお願いいたします。
2015年03月11日 12:29    |   店主ブログ
神坂雪佳の「百々世草」中の「狗児こいぬ」
和楽の3月号の懐紙の付録。
ご存知の方も多いと思われるが、百々世草はリュウノウギクと云われています。
私の名前の由来である、
万葉集の防人の歌4326
「父母が殿の後方のももよ草、百代出でませ我がくるまで」
防人として父母の元を離れてこれから赴任しようとしている時に詠んだ歌で、両親にいつまでもつつがなくいてほしいと惜別の情がこめられています。
百々代という名前が小さい頃、あまり好きでなくて、
どうして【子】とつけてくれなかったのか?と、母に詰め寄ったこともありましたが、母の友人の名前であり、その方の名前の由来が万葉集からきていると小学生の時に知ったが、ピンとこなくて、古くさい名前だなとずっと思っていた。
年々、その名前の意味合いやわかる年頃になって、
こんな思いで名前をつけてもらったのだと感謝したい。
2015年03月11日 12:27    |   店主ブログ