City Life 2

City Life 2
HANSHIN KOBE版
【西宮・芦屋・東灘区・灘区・中央区】
p28〜p29に、ちょっと知ってるお店が載っているかも(笑)
20170214_201415.jpg
2017年02月14日 20:25    |   News!

BB美術館

長谷川等伯の【松林図】も良いけど東山魁夷の【清晨】の、音のない世界惹かれる!
兵庫県立美術館に行く途中にあるBB美術館。
【日本画との対話】
自然と人間、その存在と関わりの探求が素晴らしい!
平山郁夫・東山魁夷・高山辰雄・山本丘人・石本正など30点あまり。
四季折々の美しい自然との対話を楽しめる。
1点1点をゆっくりと絵と対峙する喜びに出会えるひととき。
20170213_190959.jpg
2017年02月13日 19:12    |   News!

アドルフ・ヴェルフリ展

ちょっと、キツかった!【アドルフ・ヴェルフリ二萬五千頁の王国】
兵庫県立美術館。
最初は、そのエキセントリックさに驚いていたが、あまりの狂気の緻密さに視角と精神がついていかなかった。
賛否両論あると思うが、わたしは、ちょっと無理だった。途中から、単なる絨毯だと思考をずらし、俯瞰して観た。
県美の二階では、ハナヤかんべい展をしていたので、そちらを楽しんだ。
1Fの彫刻の展示がすばらしかった。
4時間堪能した。
20170205_140346.jpg
2017年02月05日 14:06    |   News!

2月の限定珈琲

2月の限定珈琲
【タンザニア カンジラルジ農園AA】 ¥650
キリマンジャロとして有名なアラビカコーヒーは、北部キリマンジャロ山麓で栽培が始まり、ひろがりましたが、現在はンベア地区など南部に生産が拡大しています。
近年、品質の向上が著しいタンザニア南部に位置するカンジラルジ農園のコーヒーです。
生産国:タンザニア連合国
生産地域:南部地方ンベア
栽培品種:N39
栽培面積:165ha
生産高度:1600m
収穫期:6〜8月
精製方法:水洗式
20170201_173616.jpg
2017年02月01日 17:39    |   News!

母からの愛

「風邪ひかないように…」と,。
麹屋さんの甘酒、道の駅の甘酒、しょうが湯などがどっさり送られてくる。空前の「飲む点滴」ブーム。ありがたい!
この愛の宅急便は、東京に進学してから、かれこれ〇〇年以上続いている。まさに母の愛!
「MORINAGAの甘酒は、どこでも買えるよ」とは、決して言えない〜(笑)
20170127_195948.jpg
2017年01月31日 17:03    |   News!

手土産

どうやら、皆さんは
わたしを痩せさたくないようですね(笑)
★大阪の中津にあるS.KAGAWAのミニマドレーヌ。
★ドンクのサクサクな食パンラスク
★大宰府の梅ヶ枝餅
★Reve De Bijouxのチョコレート
20170125_183505.jpg
2017年01月25日 18:47    |   News!

ポトフー

こんな寒い夜は
ポトフーですね。
人参を麻袋に入れて
23日寒風にさらしたら、
雪下ニンジンのような感動ものの甘味のあるニンジンさんになった。
人参のグラッセもよいかも。
是非、お試しを…。
20170117_205053.jpg
2017年01月17日 20:57    |   News!

博多の美美(ビミ)

哀悼。
先日、アップした博多の美美の店主である森光宗男さんが7日に訪問先の韓国で亡くなられて、今日が告別式だったようです。ビックリでした。
もか珈琲店に修業されて、ネルドリップで一滴一滴時間をかけて落としていく方面を極め、珈琲豆を焙煎するのに
2016年12月28日 19:08    |   News!

土門拳

カメラマンとは、存じていたがまさか、土門拳の一番弟子とは知らず。
牛尾さんは、一番弟子で藤森武さんは、二番弟子。ふたりが語る土門拳の本である。
その、牛尾さんご本人から寄贈していただいた。
牛尾さんのお父様は東京帝国大学で宗教哲学を学ばれた方。
弟子時代の牛尾さんに「写真は真を写すと書くが、真を写そうと迫るのは科学か弟子の分野だから、写真は芸術とは言えないのではないか」と仰ったそうだ。
それを告げると、師・土門拳は、「己の真を写すのが写真だ。だから写真は芸術なのだ。親父にそう言え」と。
「己の真を写す」のやりとりは禅問答のようだったと仰っている。
土門拳の写真集は高額でなかなか手がでない。
新しく出版されたばかりの写真集も贈ってくださった。
20161217_135910.jpg
2016年12月19日 11:51    |   News!

ゴールデン ハラール

こんなモカが存在するのかというお話。土産に豆を頂いて、ビックリ!
博多にある珈琲専門店「美美(ビミ)」のゴールデン・ハラール。
ハラールの中のハラール。
エチオピアの東、ハラールの奥地 ジェルジェルーツ村にしかない豆。樹齢150〜200年の珈琲の樹。
年間に30袋、1袋(60s)しか輸入できない。
美美は、吉祥寺にあった「モカ」というお店のDNAを受け継ぐ唯一のお店らしい。
ネルドリップで、沢山の豆を粗挽きにして、一滴一滴、時間をかけて抽出。
一度、博多を散策しながら訪れてみたいお店です。
20161205_160511.jpg
2016年12月14日 19:46    |   News!