金つぎ

先日、金つぎのworkshopに行ってきました。
ずっと、習ってみたかった金つぎ。
なかなか、良い出会いがなく、やっと見つけました。
KIITOでのワークショップ。
金つぎデビューでした。
本当の金つぎは、本漆でするのですが、まずは、手に入りやすい材料を使っての金つぎ作業。
たまたま、テレビ朝日の
「おはよう朝日です
」のクルーが。
取材されましたが、カットされる事を祈りつつ(笑)もっと回数を重ねて、割れたり、欠けたりした思いで深い器をよみがえらせる事ができるようになりたいと。
20190419_182249.jpg
2019年04月19日 18:28    |   News!

4月の限定珈琲豆

4月の限定珈琲豆
ゲイシャ種 ゲシャビレッジ農園
(エチオピア)
クリアで上品な味わいと強い果実香の逸品

近年パナマで、脚光をあび、巷でよく耳にするゲイシャ種

そのルーツとなるのが、エチオピアはゲシャ村のコーヒーです。

通常のエチオピアと比較すると、クリアで上品な味わいが特徴的で強い果実香を感じられます。


#4月
#限定珈琲
#ゲイシャ種
#ゲシャ村 
#原種
#エチオピアゲシャ村珈琲
#灘区 まるも珈琲店
#Kobe
#ゲシャビレッジ
#エチオピア珈琲豆
 
20190403_174555.jpg
2019年04月03日 18:13    |   News!

赤福 朔日餅

4月1日。
新しい年号が「令和」に決まり、何かと騒がしい4月1日でしたね。
赤福の「朔日餅」は、サクラ餅です。
20190401_184422.jpg
2019年04月01日 18:49    |   News!

1月の限定珈琲

1月の限定珈琲
【ボリビア】
ボリビアアンデス山脈の標高3,000〜5,000mのエリアから、アマゾンの熱帯雨林の低地まで幅広い自然が豊かな国です。

アンデス山脈と熱帯雨林にはさまれた標高1,300〜2,000mのエリアではコーヒーの生産もおこなわれており、カラナビやコロイロといったエリアが主な産地です。

生産量は少ないながら、高い標高、豊かな土壌、原種系の品種によって生産されています。

標 高:約1,550m
農  園:マルティン農園
精選方法:フリーウォッシュド
品 種:カトゥーラ、ティピカ
20190109_161725.jpg
2019年01月17日 09:45    |   News!

紅玉のジャム

珍しく紅玉がお店に並んでいたので、お買い上げ。
ジャムやアップルパイは、爽やかな酸味のある紅玉に限る。
桃のジャムに見えるけど、林檎ジャム。
皮と実を分けて色止めして、皮を煮込んで皮は捨てて、赤い汁だけ実と一緒に煮るのがコツ。
そして、フロインドリーブのハードトーストをカリカリに焼いて、
エシレバターをつけて、紅玉のジャムをのっけて食べる。至福のbreakfast。
20181112_212112.jpg
2018年11月13日 21:25    |   News!

十月歌舞伎

20数年ぶりに、松竹歌舞伎座へ。
歌舞伎を観るようになったのは、猿之介スーパー歌舞伎から。
今は、猿翁さんですね。
その愛弟子の市川右近さんの市川右團次の襲名披露。
市川右近の名は、息子さんへ。
お昼の部だったので、
襲名披露を観ることができました。
市川海老蔵さんも出演されていて、やはり華やかなオーラは、随一。
三部目の「花火」などは、海老蔵さんのワンマンショー。
あれ?
確か右近さんの襲名披露だったのでは?(笑)
お席も花道の近くの一段上の一番見やすい席で、がんばって着物を着て行きました。
京都では、先日、南座再開記念の「お練り」がありましたね。
11月からは、吉例顔見世興行もあり、冬の京都を華やかなに彩ります。
残り少ない人生(!?)
これから、なるべく母の残してくれた着物を着ていく機会を増やしたいなぁと思うこの頃です。
帰りは、東洋陶磁美術館で、高麗青磁を堪能。
国宝の「油滴天目茶碗」を見て、ニンマリ!
20181025_105541.jpg
2018年10月29日 17:24    |   News!

大徳寺 真珠庵

一休宗純禅師を開祖とする大徳寺塔頭寺院の真珠庵。
一休さんのお寺だけあって、今の和尚さんもかなりユニーク!
約400年ぶりに新調された方丈襖絵のコンセプトは、
「なんでもあり。」
友人の「釣りバカ」の北見けんいち氏。
映画監督の山賀博之氏。
アートディレクターの上国科勇氏。
NHKの「オトナの一休さん」の伊野孝行氏。
濱地創宗氏。
山口和也氏。
現代のクリエーター六名。
後、100年すると歴史的遺産になるかもしれない。
12月16日まで。
御朱印集めをしているわけではないけれど、素敵だったのと一目で自分の御朱印帳だとわかるので買いました。
上国科勇氏の御朱印帳。
20181002_204414.jpg
2018年10月06日 14:30    |   News!

大徳寺 真珠庵

一休純禅師を開祖とする大徳寺塔頭寺院の真珠庵。
一休さんのお寺だけあって、今の和尚さんもかなりユニーク!
約400年ぶりに新調された方丈襖絵のコンセプトは、
「なんでもあり。」
友人の「釣りバカ」の北見けんいち氏。
映画監督の山賀博之氏。
アートディレクターの上国科勇氏。
NHKの「オトナの一休さん」の伊野孝行氏。
濱地創宗氏。
山口和也氏。
現代のクリエーター六名。
後、100年すると歴史的遺産になるかもしれない。
12月16日まで。
御朱印集めをしているわけではないけれど、素敵だったのと一目で自分の御朱印帳だとわかるので買いました。
上国科勇氏の御朱印帳。
20181002_204414.jpg
2018年10月03日 18:55    |   News!
襖絵巡り、その1。
京都国立近代美術館で、東山魁夷生誕110周年記念。
唐招提寺の改修により7年間見れなくなる
東山魁夷の襖絵の展示。
限りなくおおらかな色彩引き込まれるほど、おおらか。
鑑真和尚への思いやりを絵に託し、穏やかな波と故郷の景色を描いた東山魁夷を堪能。
20180927_170138.jpg
2018年10月03日 16:50    |   News!

喜八洲のみたらし

ねぎ焼きではないのです。
俵型のみたらしで有名な喜や洲のみたらし。
俵型の焼き団子に甘めの砂糖醤油に透き通った葛餡をかけた十三の喜や洲。できたてを頬張ると、白露の秋を感じる。
外は、白露どころか秋雨だけど。
20180908_201156.jpg
2018年09月08日 20:32    |   News!